尿酸値のバランスをとるには?

尿酸値とは血液中に含まれる尿酸の濃度のことをいいます。尿酸は私たちの体の中で生成される老廃物の一つですが、排出することで一定の量を保っています。尿酸値が高すぎると痛風や尿路結石を起こしてしまいます。逆に低すぎても低尿酸血症になってしまい結果腎不全を起こしてしまいます。

要するに尿酸値のバランスを保つことが大事になってきます。尿酸値 下げる 尿酸値のバランスを壊す原因としてまずプリン体があげられます。プリン体は色々な食品に多かれ少なかれ含まれていますが、特に多い食べ物は肉類や動物の内臓系また豆類です。これらを摂取する時には分量に気をつけたいところです。また酒類もプリン体から作られる尿酸の生成を促すので飲み過ぎには注意が必要です。次の原因として激しい運動です。激しい運動により身体の新陳代謝が活発になりその結果プリン体の生成を早くしてしまいます。普段運動をしない人が急に激しい運動をすると尿酸値が急激に上がって危険です。しかし運動をまったくしないと肥満になり中性脂肪が増えます。中性脂肪はプリン体の生成を促すだけではなくその他様々な体の不調を引き起こすので激しくない適度な運動が必要といえます。要するに尿酸値を下げるには生活習慣や食生活の見直しが大事です。