多汗症の原因と改善策

多汗症とは、激しい運動や気温が暑い日でなくても大量の汗をかいてしまう症状となります。大量の汗によって日常生活に支障が出るという方も多いです。

多汗症の原因として多いものが、ストレスとなります。過度のストレスが溜まることによって、交感神経が刺激されてしまい、大量の汗が流れ出てしまいます。

次にホルモンバランスの乱れによる原因が挙げられます。女性の方は生理や出産、更年期とホルモンバランスが乱れやすいため、ホルモンバランスによる原因の可能性も高いです。

他にも、肥満や食生活の乱れ、煙草、遺伝などの原因の可能性もあります。多汗症で悩んでいる方は病院で受診することによって、症状を緩和することができます。

治療法としては、塗り薬や電気治療、注射、交感神経の除去などの方法があります。病院へ行かなくても、自分で症状を緩和することもでき、

改善方法としては、食事の見直しとなります。多汗症 改善法

多汗症に良くないものとしては、脂質が多いものや、刺激が強いもの、カフェインとなります。これらは交感神経を刺激したり、汗腺を刺激してしまうため、避けたほうが良いでしょう。症状を緩和するのに良い食材としては、大豆製品、ハーブ、女性ホルモンをサポートする食材や分泌を促す食材となります。