不眠症の特徴と原因

不眠症とは、なかなか眠れなかったり睡眠の質が悪いなどの眠りに関するトラブルのことを言います。一日や二日ではなく、これらが一ヶ月以上続いてしまう症状のことを言います。この不眠症は日本人の5人に1人の割合の方がなっているとされています。不眠症にも種類があり、入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒となります。入眠障害は30分から1時間以上寝付けない症状となります。中途覚醒は、朝起きるまで何度も目が覚めてしまうことを言います。熟眠障害は睡眠の時間を長く取っても寝た感じがしない、眠った満足感が得られないことです。早朝障害は通常よりも早く目覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまうことを言います。原因としてはさまざまなものがあり、精神的な要因として、ストレスによる場合も多いです。不眠症 改善法 他にも、嗜好品としてお酒、たばこ、コーヒーなども眠りを妨げてしまうものとなります。体内時計が乱れてしまっているという方もいます。本来は夜になると眠くなり、自然に眠りに入ることができますが、パソコンやスマートフォンのブルーライトや仕事の夜勤などによって体内時計が乱れてしまうことがあります。不眠症になってしまうと、集中力の低下や、ひどい場合はうつ病に繋がってしまうこともあります。