糖尿病予防にアルコールを控える

アルコールはそのままでも、またアルコールを体内で分解するときにも血糖値に大きな影響を与えます。血糖値 下げる

ある研究では、適度な飲酒が糖尿病の予防になるという結果を出しています。

一方では、過度の飲酒が糖尿病発症のリスクを高めるともわかっています。

糖尿病から合併症を引き起こすと、アルコールの摂取はかなり危険な行為になります。

そんなことにならないように、アルコールは適度な量を楽しみたいものですね。

 

最近では、糖質ゼロやカロリーオフの表示を前面に出した発泡酒などが大人気です。

続々と新商品が発売され、大量に買い込む人の姿も目立つようになりました。

しかし、カロリーが低いから、糖質が少ないからというだけの理由でお酒を飲みすぎるのは禁物です。

そもそもアルコール自体にも糖質が含まれ、お酒を飲むときには必然的に糖質をとるかアルコールをとるかといった選択に迫られることになるでしょう。

広告に踊らされて、糖尿病にならないお酒と思い込むのは危険です。

ノンアルコール飲料も然り、糖質がしっかり含まれていることを忘れないようにしましょう。

 

しかも、アルコールを摂取するときに心配なのが、おつまみです。

お酒が進んでしまうつまみ類は、とかくカロリーが高い傾向にあります。

また、飲み物を飲みながらだと食が進んでしまう人が多いのも、糖尿病予防には困ったところです。

糖尿病になると、肝機能障害のリスクや中性脂肪の抑制、肝臓からのブドウ糖放出抑制のため、禁酒が原則とされます。

糖尿病を予防したいと思っている人は、禁酒までとはいかずとも、休肝日を設けたり適量以上は飲まないようにするなどの心がけが必要です。